FC2ブログ

【2012.7月の展覧会】『奥田善巳 回顧展』〔中田実朗コレクションによる〕

≪奥田善巳・プロフィール≫1931年京都府に生まれる。1963年第15回読売アンデパンダン展に出品。1965年河口龍夫らとともにグループ<位>を結成。第5回展まで参加。1967年第4回国際青年美術家展で日本文化フォーラム賞、1971年第2回現代国際彫刻展でコンクール大賞を受賞。初期には「虚と実」「図と地」など概念的なテーマを扱い、絵画や彫刻など様々な手法で表現してきたが、1980年代以降は一貫して油彩画の仕事に取り組んだ。一連の作品は、黒く下地を塗ったカンヴァスの上に、単色の絵の具を細かいタッチで塗り重ねたものである。しかし、そのタッチは絵の具の物質性を強調するものではなく、視覚的な奥行きへと見る者を誘っていく。個々の作品における色彩のヴァリエーション、また絵の具の質感や描かれた密度によっても、その表情は大きく異なり、絵画空間の無限の可能性を感じさせる。DSC_1936.jpg
DSC_1937.jpg
DSC_1938.jpg
DSC_1939.jpg
DSC_1940.jpg
DSC_1941.jpg
DSC_1942.jpg
DSC_1943.jpg
DSC_1944.jpg
DSC_1945.jpg
DSC_1946.jpg
DSC_1947.jpg
DSC_1949.jpg
DSC_1950.jpg
DSC_1951.jpg
DSC_1952.jpg
DSC_1953.jpg
DSC_1954.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR