FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【6月のライブ】 好評予約受付中!

DSC_2679.jpg
DSC_2680.jpg
DSC_2678.jpg
魅惑アコーディオン
かとうかなこ

6月16日(日) 1時開演

 2000円 (ドリンク付)
(要予約・0797-69-7337 10時半~18時
★ 共演 岡崎泰正 (ギター)

DSC_2601.jpg 

蛇腹の息遣いが優しくに語りかける”

クロマチック・アコーディオン
プレイヤー
かとうかなこ
プロフィール
4歳からアコーディオンをはじめる。
小学生の頃からテレビやラジオに出演する。

第6回全日本アコーディオンコンクール・小学生の部
第一位(1990年)
第7回全日本アコーディオンコンクール・ジュニアの部
第一位(1993年)
第8回全日本アコーディオンコンクール
総合優勝(1996年)

高校卒業後、フランス・パリに2年間留学。
 さらに本格的に学ぶため、オーベルニュー地方のアコーディオンの専門学校へ。
「500人中300人がアコーディオン奏者」
という村で、
アコーディオンと自然しか向き合えない環境の下、2年を過ごす。


UNAF全仏アコ・コンクール
スタンダードベース部門、モアイヤンの部
第一位
(1998年)
ACF全仏アコ・コンクール・フリーベース部門スーパーモアイヤンの部
第一位
(2000年)
ACF全仏アコ・コンクール・フリーベース部門オナーの部
第一位
(2001年)

フランスの日本人アコーディオン奏者として、
大きな話題を呼ぶ。

帰国後、フランスのシャンソンや、
ミゼットを中心としたアルバムをリリース。
コンサート活動をする中、
多くの出会いや発見があり、
アコーディオンの蛇腹が人間の息遣いや感情表現に近いことを再認識。

オリジナルを書き始め、11名のアーティストが参加したアンサンブルアルバム
『ひだまり』(2004年)を、
アコーディオンの完全ソロアルバム
『独奏』(2007年)をリリースした。

2009年にかとうかなこが行き着いたのは、
クラシック的なスキルではなく、
またフランス音楽でもない、
感情をアコーディオンに委ねた
『なみだ』
というオリジナル曲を中心としたテーマ。

80歳になっても、アコーディオンを弾くことが、目標



DSC_2604.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。